丑年

 

新年謹んでお慶び申し上げますとともに、お見舞い申し上げます。

思い起こせば、昨年二月は日本舞踊協会公演が例年通り開催され、「風流陣」に出演をさせていただきました。

この時はまだ、今以て続く新型コロナウィルスによる様々な生活状況の変化がここまで起ころうとは、予想もつきませんでした。

新型コロナウィルスの感染拡大により生活が一変し、舞台はもとより、稽古や活動も足踏みとなってしまいました。

長期にわたる感染対策を強いられ外出の自粛もございますが、感染の波がいまだ私達を解放してくれる兆しがみつからない状況でございます。

このことにつきましては医療従事者をはじめ、健康と日々の生活を支えてくださっている皆様に感謝しかございません。見えない物へ挑み続けて下さり多くの方々を助けて頂いております。この場をかりて只々感謝申し上げます。

感染が落ち着き皆様が一息つける日がどうか早く来ることを祈念しております。

私は、感染対策をしながら少しづつお稽古を始めております。

踊る事で気持ちが楽になったり、体がすっきりする事を、改めて感じております。

はからずも昨年は、踊りが、生活していく中でもたらしてくれていたものに改めて気づかされた年でした。

この思いを今後の活動に生かし、多くの皆様に伝えられるよう研鑽して参る所存でございます。

新しい年が皆様にとりまして良い年になる事を心より祈念申し上げます。  

三代目家元 泉 秀樹