初代 二代と継承発展し 三代へと受け継がれていく泉流 現在 本州をはじめ 全国に門戸を拡げ およそ二千名の門下が稽古に励んでおります 品格と洒脱を備えた芸風 数々の作品 今日も一門が魅力を感じ研鑽に勤しむ所以でございましょう

三代目 家元 泉 秀樹

昭和五十七年 二代目泉徳右衛門の長男として鎌倉に生まれる。

平成十二年 泉秀樹となる。

平成十六年 「長唄 小原女」にて名披露目。

平成二十五年 文化庁・公益社団法人

日本舞踊協会主催「各流派合同新春舞踊大会」において、三度の奨励賞の後、「清元 玉屋」にて最優秀賞を受賞する。

平成二十五年 NHK Eテレ「にっぽんの芸能“今かがやく若手たち”」に出演。

平成二十六年 泉流三代目家元を継承。

桜美林大学文学部総合文化学科(現 芸術文化学群)にて舞台芸術を学ぶ。

平成二十二年より桜美林大学にて非常勤講師を勤め、日本舞踊の普及につとめる。

泉流主催公演の他、日本舞踊協会、国立劇場などの主催公演に出演。学校巡業公演などに参加し児童や教育への普及育成に取り組むほか、自身でもワークショップや研究会を開き、日本舞踊の普及と研鑚に勤しむ。

また近年では日本舞踊で培った身体性と感性をもとに、表現の垣根をこえた活動もおこなっており、様々な感性の行き来の中で研鑚、表現と身体を模索する。

二代目 宗家  二代目 泉 徳右衛門

昭和三十年 初代泉徳右衛門の長女として鎌倉に生まれる。

昭和三十五年 「菊づくし」にて初舞台。

昭和五十二年 泉朱緒里となる。

「京鹿子娘道成寺」にて名披露目。

昭和六十三年 泉流二代目家元継承。

平成十年 二代目泉徳右衛門襲名。

平成二十六年 二代目宗家継承。

平成元年から現在にいたるまで行ってきた自身のリサイタルにおいて、初代の作品を受け継ぎ、「芸阿呆」「あたま山」等にとりくみ、「お夏笠物狂」「楊貴妃」「西鶴一代女」などを発表。

芸術祭優秀賞などの受賞を与えられる。

また、今日まで、北海道から九州まで全国に支部を発展させ、現在なお自身の舞踊活動とともに、後進の育成に力を注ぎ、門下より舞踊界に人材を輩出する。

昭和十四年。二代目花柳壽輔の後見人であった、花柳流分家である初代花柳徳太郎は、長男である初代泉徳右衛門に泉流創流を許す。

泉徳右衛門の名は、初代花柳徳太郎の父である、浅草骨董商泉屋徳右衛門の屋号を踏襲したものである。

昭和日本舞踊史において、華々しい活躍をみせ、妻・泉摩津英と共に隆盛を築きあげる。

舞踊家として、また振付家として数々の作品を残し、平成三年没までに紫綬褒章(平成元年)、旭日小綬章(平成三年)など数々の賞を与えられる。

昭和六十三年、長女・泉朱緒里、二代目家元継承。

初代の作品を受け継ぎ、「あたま山」「芸阿呆」等を発表。

自身のリサイタルを活発に行い、「楊貴妃」「お夏笠物狂」などで芸術祭優秀賞をはじめ数々の賞を与えられ高い評価を得る。

平成十年。泉朱緒里改め、二代目泉徳右衛門を襲名する。

平成二十六年、その長男、泉秀樹が三代目家元を継承し、二代目泉徳右衛門は二代目宗家となる。

今後、一門ともに三代目家元である泉秀樹の更なる躍進が期待される。

「躾 -しつけ- 」という字は 身を美しく仕付ける と書きます 日本舞踊のお稽古は 教える方と教わる方の 一対一が基本です 振りや形の一つ一つ 教わる方は先生を真似ながら 身と心を伴った 美しい所作を 身につけて参ります

お稽古場の声

“きれいで落ち着いたお稽古場でのお稽古は、日常に程よい緊張感が出ます”

(42歳 会社員 女性)

“仕事の時間にも相談にのっていただき、忙しい時でも無理なくかよっています”

(51歳 会社員 男性)

“子どもに日本文化や礼儀を身に付けさせようと習わせてみましたが、本人は踊りのお稽古を楽しんでいるようです”

(38歳 主婦 女性)

“伝統芸能に興味があり始めてみましたが、初歩から丁寧なお稽古で、わかりやすく教えてもらっています”

(21歳 大学生 女性)

“子どもが学校に行っている間に通えるお稽古は、非日常と先生やお仲間との和やかなおしゃべりが心地いいです”

(38歳 女性)

“まだ始めたばかりで難しいこともありますが、お稽古のたびに新しい発見があって楽しいです”

(13歳 男性)

泉流舞踊研究所

北鎌倉にある閑静な日本舞踊のお教室です。

お稽古日 定例 毎週月曜日・土曜日 9時〜20時

(お時間、お日にちの御相談うかがいます)

全国、お住まいのお近くのお稽古場もご案内しております。

どうぞ、お気軽にお尋ねください。

所在地・ご連絡先

所 在 地

〒247-0061   神奈川県 鎌倉市 台1419

お問い合わせ先     泉流事務局

電話 :  0467-46-2212  ( 木曜日を除く平日11時~17時 )

MAIL : info@izumiryu.jp

Japanese Dance Izumiryu “Japanesedance Laboratory”

〒247-0061   Dai-1419 kamakuracity kanagawa

Phone 0467-46-2212